人生において、お手本にしたいな、と感じる漫画っていくつかありますよね。もちろん、先日亡くなってしまったやなせさんのアンパンマンも然り、また、あの名作のスラムダンクも私にとってはそう感じる作品です。でも、やっぱり1番に人生と言う風に考えた時に感じるのはドラえもんかな、と思うのです。やっぱりドラえもんは大好き!でも、ここ最近で変わってしまった声優さんにはがっかり・・・でも、もちろんいつか来ることなのですがね・・。

私が特にその中でも好きなのはしずかちゃんがお嫁さんに行く、と言う話。もちろんのび太君のお嫁さんになるのですが、その時にパパに静香ちゃんは、お嫁さんに行かない!っていうんですよね。というのも、やっぱりパパたちは離れたくない、と言う気持ちだったり、パパたちが悲しむんじゃないか、という気持ちだったり・・私も今1人娘がいるのですが・まだ8か月ですが、考えるだけで泣ける(笑)

でも、そんなしずかちゃんに対してお父さんが言うのは、のび太君を信じなさい、という事。のび太君には、人の幸せを願い、また人の不幸を悲しむことの出来る人だよ、と。それが人間に1番大事な事だよ。という事を言うのです・・。本当にしずかちゃんパパ最高・・って思うのですが・・・。

でも、たしかに、思い返してみればのび太と言うのは、人の事を本気で恨んだり、本気で憎んだり・・と言う事はしないような気がするのです・・確かに仕返しを・・と言う時もありますが、でも、あんなにコテンパンにしてくるジャイアンであろうと、スネ夫であろうと、ピンチの時には必ず助けてあげるのです・・。そういったことって見ていたら実に普通には見えても、実際には難しいことだと思うのです。でも、この関係と言うのはジャイアンたちも一緒。心の友よ~と言って、本当にピンチの時には自分の事を関係なしに頑張ってくれるジャイアン・・こういったことを学べるドラえもんってやっぱり凄いな、と感じます。